プロが選ぶ人気無線LAN

無線LANが安いものと高いものの違いについて

無線LANが安いものと高いものの違いですが、無線LANはモデムタイプとルータータイプの2種があり、モデムタイプは一つのパソコンで一つのネットワークしか使用できないのが特徴ですがその分、使用する回線が高速である場合、高速回線を占有できるのが特徴で1台しか使用できない性質上価格は安いです。

一方、ルータータイプの無線LANはと言うと一つのネットワーク回線を複数に分けて使用することができる性質を持ちます。その為、ネットワークでつなぐパソコンが複数あった場合でも1つの回線を台数分に振り分けてネットワークを使用することができますがその分値段は高額になります。無線ルーターの値段が安いものは、特徴としては複数台のネットワークにつなぐことができる製品をルーター接続した場合において処理できる速さが遅くなります。

つまり、たくさんのネットワークにつなぐことができる製品を無線Wi-Fi経由でルーターを通してつなげた場合、ネットワークに繋がっている製品一つ当たりの速度が減少してしまうのです。この理由ですが、何故速度が低下するかと言うとルーターがそれぞれのネットワークがぶつからないよう調整をしたうえでそれぞれのネットワークに繋がっている機器に対して速度を調整しているためです。

平均的に速度が出るように調整することができるのがルーターの役割でモデムと異なり、速度を調整しながら複数をネットワーク参加させることができるのが無線LANルーターの特徴で性能が良く高額な無線LANルーターはその分、たくさんのネットワークにつなぐことができる製品をうまく高速に処理することができるためネットの速度を高速に維持することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *