Skip to content

配送車両のラッピングの塗装と比べた違い

配送車両にはラッピングが施されていることがあります。

これは、直接車体に塗装しているわけではなく、フィルムを熱によって貼り付けて配送車両をデザインします。直接車体に塗装する場合は、例えば売却するときに価値が下がってしまいますし、途中でデザインを変えたいときの塗り替えが大変です。その点、ラッピングなら剥がすのは意外と簡単なので、そうしたデメリットを感じることなく配送車両をデザインすることができます。

ただし、ラッピングは塗装に比べて費用が高めになる点がデメリットです。フルラッピングなら、大きい車両になると100万円になってしまうこともあります。広告用にこのように用いられていますが、自分の愛車を好きにデザインしたい場合にも用いられます。個人向けにそうしたサービスを提供している業者もありますので、デザインしたいときに活用可能です。塗装をしないので車体本来の状態を毀損することがありませんので、中古車価値を下げることがないので、乗り換える時の下取りなどでも価格を下げてしまうことがありません。

配送車両のラッピングを自分で行うこともできますが、見栄えが良いのはやはり業者に依頼する方法です。業者は大型のプリンターを持っていますし、作業に慣れた人たちが作業をするので、継ぎ目などもしっかり目立たないように上手に貼り付けてくれます。もし自分でやって失敗した場合は無駄になってしまいますが、業者に依頼すればそれがなくなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *