Skip to content

配送車両でもラッピングは出来ます

ラッピングは車体にフィルムを貼って色を変える方法で、塗装に代わる方法として今人気を集めています。

もともとは電車やバスなどの車体に広告を簡単に載せる手段ではじまり、現在ではもっと一般的に利用範囲が広がっているのです。塗装となると、技術を持った工場に依頼しないと出来栄えにも差が出てしまっていたところが、ラッピングならデザインは事前に印刷しておけて、後は貼るだけですので工場に求められる技術レベルがぐんと下がったので、費用面でもかなりお得な方法となっています。

更には市販のラッピング用フィルムを買って来れば、ちょっと手先が器用な人なら手軽に自分で車をドレスアップすることも可能です。こうした便利な方法ですが、凹凸も多い配送車両への応用も可能なのでしょうか。それはもちろん可能で、配送車両の車体を事前にトレースしてその形にぴったりのフィルムを作ることが出来るのです。もちろん、側面や背面の開閉ドアの部分や荷下ろし用のリフトなど特殊機材も積む場合のある配送車両ですが、そうした点もしっかり対応出来るので問題はありません。

また、ラッピングの場合には、処理部分を選ぶことが出来ますから、例えば荷台部分だけを依頼するといった事も可能ですし、ロゴや社名だけを作ってもらうならば、かなり安価に済みます。ラッピングをしたい部分が配送車両の一部だけなら、デザインの印刷だけを頼んで、貼り付けは自分達で行えばより費用を抑えられるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *