Skip to content

配送車両ラッピングのメリットとデメリット

ビジネスには営業範囲が決まっている地元密着型と、通信販売やネットサービスなど、広い範囲にサービスを地峡する場合がありますが、配送車両を必要とするのは営業範囲が決まっているビジネスです。

テレビやラジオ、雑誌やチラシなどで広告そのものにお金をかけることもありますが、配送車両ラッピングは初期費用でと早大がかかるだけで、車自体のガソリンやメンテナンスは必要でもラッピングにはランニングコストがかかりません。また、テレビ広告は見た目に派手で印象に残りますが、放送回数や時間帯によってかかる費用が決まるため、より多く人目につこうとすると負担も大きくなります。

ラッピングした配送車両は、営業範囲を定期的に反復して通行するため、自社サービスの潜在顧客になり得ない遠隔地には届かず、ピンポイントに情報を届けられるのがメリットです。一方、気を付けたいのが交通マナーで、ラッピング車両は自社の看板を背負っています。交通違反はもちろんですが、無理な割込みや短時間の駐車など、取り締まり対象にはならないマナー違反でも常に人目があることを意識します。

譲り合いなど、気持ちのいい運転をすれば自社の評判も上がる反面、マナー違反をするときも自社の看板に泥を塗ることになると覚えておくと、運転するスタッフさんの交通安全意識も自然に向上します。それに加えて、ラッピングした車両は人目につくため、車上荒らしや盗難などの犯罪に巻き込まれにくくなることも\期待できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *