Skip to content

トラックを目立たせるにはラッピングが最適

街中を走る路線バスは運行会社ごとに車体のデザインが決まっているのが一般的ですが、時おり車体の全面にわたって商品やサービスなどの広告が表示されているものがあります。

あのようなタイプのバスを、ラッピングバスと言います。よく、食べ物などを透明なフィルムで包んで保存することを「ラップする」と言いますが、ラッピングバスも同様に、広告を印刷したフィルムで車体をすっぽり包んでいます。これはテクノロジーの発達により、巨大なサイズのフィルムに印刷できるプリンターが開発されたことによって実現可能となった技術です。ラッピングが施される車体は、バスだけにとどまりません。

代表的な例としてはトラックがよく知られています。音楽好きの人であれば、コンサート会場の駐車場にミュージシャンの名前やツアーの日程が表示された機材運搬用のトラックが止まっているのを見たことがあるかも知れませんが、あれも以前は塗料で直接ペイントしていたのが、最近ではラッピングの技術を用いているのが主流です。

その他、清涼飲料水や冷蔵・冷凍食品の配送車両などにもよく見かけます。商品等を運搬するという当初の目的と広告宣伝という、2つの用途を同時に満たすことができるため非常に人気があります。また、トラックの中には車体に風景画や人物画などを装飾として大きくあしらった「デコトラ」と呼ばれるものがありますが、これも最近ではラッピングによって製作される例が目立っています。塗装よりもたくさんの色が使え、フルカラーの写真画像もそのまま印刷できるため、デザインの幅がより広がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *