Skip to content

トラックもラッピングできます

ラッピングとは、専用のフィルムを使って車をコーティングする方法です。

このフィルムは特殊な加工がされており、塗装をされた鋼板の上から貼り付けることが出来ます。また加工もしやすく、凹凸に沿って滑らかに貼り付けることが可能です。きれいにラッピングをした車は、塗装とはほとんど見分けはつきません。しかも塗装とは異なり車体本体へのダメージがほぼありませんので、将来的な車両の価値低下を気にしないでもいいという利点があります。これらを考えると、これまで塗装をして対応することがほとんどだったトラックに対して、ラッピングはとても有効な手段だということが分かります。

まずトラックの場合には乗用車と比べても凹凸が多く、きめ細かいデザインには不向きな構造ですが、ラッピングであれば事前に型を押えて印刷しておけば、ほぼ完ぺきな造形を行うことが可能です。また車体を傷つけることはありませんからその点も安心です。むしろトラックにラッピングをする事によって、元の塗装を守る効果も期待出来ます。

トラックの場合には、運転席部分と荷台部分が分かれている点は、むしろ好都合といえます。細かいパーツに分かれていれば、意欲のある方なら自分で加工することも出来るでしょう。しかもここで使われるフィルムは剥がされることを予定して作られていますから、一度貼ってもいずれ剥がす時にも作業は簡単ですし、繰り返しになりますが車体が傷付くこともありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *